カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
注目キーワード
RSS
 

光の波長とビジュアルストレス

   花ライン
光の波長とビジュアルストレス
 

私たちは、光が物にあたって反射した光により、物の形、大きさ、色等を「見る」事が出来るのです。

 一言に光と言っても、光とは数種類の異なる波長の集まりです。

虹

例えば、太陽の光を屈折させると虹ができます。

あの美しい虹の色は光の波長の違いによってうまれるのです。




私達が文書を読む時に よく使用される白い紙は、全ての光の波長を反射しています。

白い紙から反射する波長

その中の特定の波長の光が神経回路に与える刺激によって脳への情報伝達に支障をきたしたり、不快感に感じる事もあります。

様々な光の波長が入ってきます。



それにより、目が疲れやすくなったり、ミスが増えるなど学習や仕事の能率に影響します。
また、脳が判断を誤ってしまう事で、文字や図形を正しく認識したり、書いたりする事ができなくなる場合もあります。

また、白い紙を眩しく感じたり、何処を読んでいるか分からなくなる、目が疲れやすい等の様々な症状を引き起こします。

そのような視覚的なストレスを総称してビジュアルストレスと言われています。


カラーをかぶせる事で、不必要な光の波長を防ぎ、コントロールする事ができます。

ページトップへ